古物で象牙は安易に買い取ってはいけない

古物商許可の申請を代行している行政書士橋本です。

当事務所は輸出入関連許認可も扱っておりますのでそちらでも書いたのですが、

国内の象牙の取引が来年の夏頃から厳格化されます。

 

種の保存法での「全形の象牙」の登録手続きが来年夏頃から厳格化

日本国内での象牙の取引が世界的にも多く、問題視されている状況もあり規制強化されるようです。

古物商の方も種の保存法での登録がされていないものを買い取ることは違法になりますので、誤って買い取ってしまわないように

注してください。

合法的な取引が行えているか、買い取るまえに必ず確認しましょう。

ちなみに、取締まり専門官も設置されるようです。

kobutu-furu

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です