古物商許可を甘く見ると痛い目に合いますよ。

和歌山県での古物商・リサイクルショップ開業のお役立ち情報。行政書士事務所がお伝えします。

3acb0a19b52fbd20107c3f63fd611503_s

古物商許可を甘く見ると痛い目に合いますよ。

和歌山県古物商許可代行センターを運営しております行政書士の橋本です。

今の世の中、ネット転売(せどり)やリサイクルビジネスが盛んです。

中古品の転売で稼ぐには、絶対に外せない許認可が古物商許可です。

古物商許可を取らずに、中古品ビジネスを始めることはできません。

明らかな違法行為です。

インターネットで販売しているから、バレないとかいうことはありません。

続けいていれば、必ずあなたが無許可で営業していることが、バレる日がくるでしょう。

えっ?どうしてバレるかって?

それは、あなたが思うより、周りはあなたの商売を見ていますということです。

そのときになってからでは、遅いのは言うまでもありませんね。

最後に勝つのは、ルールを守ったものです。ルールをまらない輩は、市場から追い出される運命です。

和歌山県古物商許可代行センターでは、そのようなことにならないように、新規開業や今から許可申請を行う、という方に

代わり、手続きをおこなっている行政書士事務所です。

古物商は比較的簡便な許認可申請ですが、イレギュラーな部分があれば、難易度は一気に上がります。

当事務所は、そのような申請でも、あきらめずに許可取得方法を探りますので、案してご依頼くださいね。

使用貸借契約書つくってますか?

 

たまに、友人や知人の店舗を好意で貸してもらい、営業所とする場合などもありますが、

この場合は口約束がおおいのではないでしょうか?

開業時は大変だから、無料で使っていない部屋などを貸す、

これは使用貸借という契約形態になります。

古物商許可では、営業所の使用権限を証明する書面が要求されますので、

口約束ではダメで、使用貸借契約書を作成することが必要です。

 

古物商許可申請をお任せしていただいて、安心の事務所です。

和歌山県では、古物商許可を専門で扱う行政書士事務所はあまりありません。

当事務所もその中の一つですから、安心してご依頼をしてい頂くことが可能です。

和歌山県の古物商・リサイクルショップ開業お役立ち情報を今後も橋本健史行政書士事務所がご紹介していきます。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です