申請に必要な証明書

和歌山県での古物商・リサイクルショップ開業のお役立ち情報。行政書士事務所がお伝えします。

古物商許可申請に必要な証明書類

こんにちは。

和歌山県の古物商許可申請を代行している行政書士橋本です。

古物商許可申請をするために必要な3つの書類の申請先についてご説明したいと思います。

自分で許可申請を行う方もご参考にどうぞ。

 

必ず必要な書類は3種類

古物商許可申請において必ず必要とされる書類は3種類あります。

①本籍地の記載のある住民票

お住いの市役所にて交付してもらいます。

②身分証明書

こちらは本籍地のある市役所等に申請します。

したがって、本籍地を確かめてから、本籍地の市役所等に交付してもらいます。本籍地が遠方であれば、郵送申請で取り寄せることができますので、郵便局で所定の手数料分の定額小為替を返信封筒と同封し請求します。

③登記されていないことの証明書

こちらも本籍地のある都道府県の法務局本局に交付してもらいます。本籍地が遠方の場合は、郵送申請するのですが、その場合は東京法務局に請求することになります。

以上、古物商許可申請に必要な3点セットの証明書のご説明でした。

和歌山県の古物商・リサイクルショップ開業お役立ち情報を今後も橋本健史行政書士事務所がご紹介していきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です