扱う古物の品目はいくつまでとれるの?

扱う古物の品目は和歌山ではいくつまでとれるの?

和歌山県で古物商やリサイクルショップ開業をこれからされようとされる方は、よく扱おうとする商品を考えましょう。古物商許可申請時に取り扱う商品としたいなかった分類の古物を取り扱うようになった場合は、変更届をしなければなりません。こういう手間が後日発生したら面倒だということで、取れるだけ扱える古物分類をすべて最初の申請時にとりたいとみなさん考えておられると思います。
しかし、扱う品目はとりあえず取っておくというものではなく、実際に取り扱う古物の種類を届けるべきです。

もし後日、需要のある古物を新たに取り扱うことになり、それが自己の取り扱う古物に入ってなければ変更届をすると考えて頂きたいところです。

まれに、新規開業者の方から13種類すべてを取り扱うとしてお願いされることがありますが、このような場合は本当に取り扱うか再考をお願いしております。よくよく考えると、扱うことがないような品目が出てくるものですので、そういった古物分類を除外して申請をしております。すべての種類を実際に扱うなら、13種類すべてで申請を行う必要がありますが、そのようなケースは今のところありません。

一番多かったもので12種類まででした。このあたりのどこまで新規申請で受け付けてくれるか地域ごとに基準があるかもしれませんね。管轄の警察署に一度相談してから、検討してもよいと思います。

大型商品などでしたら保管場所などがないと近隣の迷惑になりかねないですし、そのあたりのことも考えてから行動をすべきですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です