古物商許可申請はどこの警察署でも同じか?

古物商許可申請の方法はどこの警察署でも同じなのか?

古物の買取り販売を業として行うには、古物商許可が必要です。最近は、副業でされておられる方からの問い合わせもちらほらと頂きます。

古物商の許可申請方法はどこでも原則同じですが、添付書類や確認方法などが管轄の警察署ごとに異なります。

警察署に出向き、手引きをもらって読めば気が付きますが、添付書類が異なっている場合があります、あっちでは、いらないがここではいるのかという具合です。基本が同じですから、大差はないですが、書類が出ないときなどは、大きな違いになります。

許可申請が無事受け付けられたら、一か月ぐらいで許可になるはずです。許可になったら担当官から許可証を取りに来るようにと言われますので、日時を決めて取りに来ましょう。

その時に、今後の守らなければいけないこと等の説明と手びき書類を渡されると思いますので、読んでおきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です