古物商の営業所に貼ってある紺色の表札

和歌山県の古物所許可を代行している行政書士橋本です。

古物商を始めるにはその免許が必要ですが、

許可を取った後も業務を始めるまえにいくつが準備しなければならないものがあります。

その中の1つが標識です。

 

紺色で丈夫な材質で・・・

 

古物商の営業所に貼ってある紺色の表札のようなものです。

ここに、主とする品目にもとづいて「○○商」と書いています。

そして、許可番号等も書いています。

 

標識のお買い求めはネット販売かホームセンターで作ってもらう

 

昔は許可時に販売も斡旋したようですが、いまは和歌山では

申請者が自ら免許交付後に手配する必要があります。

どのようなことを書くかは、すでに様式が決まっているので、

注文するさいに流れに任せれば大丈夫です。

 

念のため、確認したい方は調べておいても良いかもしれません。

 

kobutu-furu

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です